次回のてつがくカフェ「医療とケアを問い直す」は東京で開催します!

てつがくカフェ「医療とケアを問い直す」

開催日:2017年 5月 21日(日)
テーマ:「死の恐怖って何だろう?」
時間:13時00分~15時30分
場所:首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 秋葉原ダイビル12階 B会議室
参加無料、事前申し込み不要
どなたでもご参加いただけます(途中退出も可能です)。
ファシリテータ:西村高宏(福井大学医学部 医学教育・倫理学教室)
ファシリテーション・グラフィック:近田真美子(福井医療大学 保健医療学部)
============
 私たちは、なぜ直接的に死を経験したことが無いにもかかわらず、「死」を〈怖い〉と感じてしまうのでしょうか。それは他者の死を通して、自分の命がこの世から永遠に消えてしまうと予測するからなのでしょうか。 
 一方、たとえ身体は消滅しても、魂は他者の中で生き続けるといった考えも存在します。そう考えると「死ぬ」ということは、それほど〈怖い〉ものではなくなるのでしょうか。また、そもそもここでいう「死ぬ」とはどういうことを指すのでしょうか。
 前回に引き続き、参加者の皆さんとともに「死」という事象について、深く考えてみたいと思います。
===========

0519「てつがくカフェ」チラシ画像

読書会「医療とケアを問い直す」の次回開催が決まりました!

2017.03.29 10:37|読書会のお知らせ
次回は、自己が自己として閉じていく純粋主義の問題(近代における自己の問題)を炙り出し、ハイブリッドな思考やエッセイという記述の在り方にみる非方法の方法について、九鬼周造の哲学的図案を手掛かりに考えます。

◆日時:2017年5月27日(土)13時30分~16時30分
◆取扱う本/鷲田清一(2007):思考のエシックス―反・方法主義論,ナカニシヤ出版.
  担当:近田真美子(福井医療大学/大阪大学大学院博士後期課程)
  担当部分:第4章 思考の調性について―九鬼周造の「哲学的図案」―(p89-116)
◆場所:京都イノダコーヒー三条支店 ミーティングルーム
   京都市中京区三条通堺町東入ル桝屋町69 電話:075-223-0171
◆定員:先着15名
   参加申し込み:コンダ(konda328@gmail.com) 
   席に限りがございますので必ず事前の予約・申し込みをお願いいたします。
◆参加費:1000円(会場費)+ワンドリンク注文
   ※読書会の情報発信ならびに参加者間の情報交換の場としてMLを作成しております。
   登録をご希望の方は、コンダ(konda328@gmail.com)までご連絡ください。

無題

福井での開催も決まりました!

福井大学COC事業の一環として開催している、福井でのてつがくカフェ「医療とケアを問い直す」の次回開催が決まりました。今回のテーマは「死の自己決定(権)を問い直す」です。

◆実施日:2017年3月19日(日)
◆時間:13時00分~15時30分
◆テーマ:「死の自己決定(権)を問い直す」
◆場所:大学連携センター「Fスクエア」 福井駅東口を出てすぐアオッサ7階
    参加無料、事前申し込み不要、どなたでもご参加いただけます(途中退出も可能です)。
ファシリテータ:西村高宏(福井大学医学部准教授)
ファシリテーション・グラフィック:近田真美子(東北福祉大学健康科学部講師)
-------------------------------------------
 世界には、〈安楽死〉、すなわち自らの命を自らの意思をもって終わらせることが、法に守られながら行なわれている地域があります。
 しかし、〈安楽死〉と〈自殺〉の境界を定めることは実に難しく、またそれ以前に、そもそも自分の命を自らが断つという行為それ自体が認められうるものなのでしょうか。
 今回の問いは今まで以上に困難な問いです。しかし、法律や常識、そして宗教や文化の縛りに囚われず、自らの思考でこの問いの困難さを見つめ直してみませんか。                     (福井大学医学部医学科2年 渡邉ゆうき)
-------------------------------------------
主催:てつがくカフェ「医療とケアを問い直す」(福井大学地域貢献事業)
共催:福井大学医学部教育支援センター,てつがくカフェ@ふくmedi
問い合わせ先:tanishi@u-fukui.ac.jp(西村)

319医療とケアを問い直す(画像)

次回のてつがくカフェ「医療とケアを問い直す」は、東京で開催します!

てつがくカフェ「医療とケアを問い直す」
◆開催日:2017年 3月 5日(日)
◆テーマ:人間らしく死ぬってどういうこと?―科学技術の進歩といのちの質を問い直す
◆時間:13時00分~15時30分
◆場所:首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 秋葉原ダイビル12階 C会議室
◆参加無料、事前申し込み不要、どなたでもご参加いただけます(途中退出も可能です)。

ファシリテータ:西村高宏(福井大学医学部准教授)
ファシリテーション・グラフィック:近田真美子(東北福祉大学健康科学部講師)

 我が国は、医療技術の進歩に伴い、世界でもトップクラスの長寿国になりました。
 しかし、医療現場では、脳死や延命治療の是非をめぐって〈人間らしく〉死ぬとはどういうことなのかといった新たな問いも浮上しています。〈人間〉として〈いのち〉を永らえることが重要なのでしょうか。それとも〈いのち〉の質を重視すべきなのでしょうか。ここでいう〈人間らしい〉とはそもそもどういうこを指すのでしょうか。また、そういった〈いのち〉の在り方を決めるのは、患者本人なのでしょうか。もし、本人の意思を確認できない場合は、家族の意思を優先すべきなのでしょうか。では、その場合、患者や家族を取り巻く医療専門職は、どのような役割を担うのでしょうか。
 今回は、科学技術が進歩した今、「人間らしく死ぬ」とはどういうことなのかをテーマに、対話の場を設けます。皆様、ぜひ、ご参加下さい。 

主催:てつがくカフェ「医療とケアを問い直す」
共催:科研費「医療現象学の新たな構築」研究代表者:榊原哲也(東京大学)
問い合わせ先:konda328@gmail.com(コンダ)

チラシ画像

次回の読書会のお知らせ

2017.01.27 12:56|読書会のお知らせ
第3回目となる読書会のお知らせ&評者を募集します!

■次回:平成29年3月25日(土) 13時30分~16時30分
■場所:京都イノダコーヒー三条支店 2階 ミーティングルーム
      京都市 中京区三条通堺町東入ル桝屋町69 
       電話:075-223-0171
■内容:鷲田清一(2007)「思考のエシックス―反・方法主義論」,ナカニシヤ出版.
       第2章 4節(前回の残りの部分)~第3章の最後まで(p50~88まで)
■評者:募集中
■参加費:1000円(場所代)+飲食代(各自)
■先着15名 
   参加申し込み:コンダ(konda328@gmail.com) 
   ※席に限りがございますので、必ず事前の予約・申し込みをお願い致します。
                  
評者を募集しますので、ご希望の方は、近田までご連絡下さい。
当日、会場は13時30分より使用可能(飲食可能)になります。時間より早く到着された方
に関して、先に飲食される方は、1階の喫茶室をご利用下さい。

本読書会では、読書会のお知らせや参加者同士の情報交換のためにMLを作成しております。
近くに参加希望の方がおられましたら、コンダ(konda328@gmail.com)まで、ご連絡下さい。