04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

西村高宏(福井大学医学部) 近田真美子(福井医療大学/大阪大学大学院博士後期課程)

Author:西村高宏(福井大学医学部) 近田真美子(福井医療大学/大阪大学大学院博士後期課程)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

足跡

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次回のてつがくカフェ「医療とケアを問い直す」は、東京で開催します!

てつがくカフェ「医療とケアを問い直す」
◆開催日:2017年 3月 5日(日)
◆テーマ:人間らしく死ぬってどういうこと?―科学技術の進歩といのちの質を問い直す
◆時間:13時00分~15時30分
◆場所:首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 秋葉原ダイビル12階 C会議室
◆参加無料、事前申し込み不要、どなたでもご参加いただけます(途中退出も可能です)。

ファシリテータ:西村高宏(福井大学医学部准教授)
ファシリテーション・グラフィック:近田真美子(東北福祉大学健康科学部講師)

 我が国は、医療技術の進歩に伴い、世界でもトップクラスの長寿国になりました。
 しかし、医療現場では、脳死や延命治療の是非をめぐって〈人間らしく〉死ぬとはどういうことなのかといった新たな問いも浮上しています。〈人間〉として〈いのち〉を永らえることが重要なのでしょうか。それとも〈いのち〉の質を重視すべきなのでしょうか。ここでいう〈人間らしい〉とはそもそもどういうこを指すのでしょうか。また、そういった〈いのち〉の在り方を決めるのは、患者本人なのでしょうか。もし、本人の意思を確認できない場合は、家族の意思を優先すべきなのでしょうか。では、その場合、患者や家族を取り巻く医療専門職は、どのような役割を担うのでしょうか。
 今回は、科学技術が進歩した今、「人間らしく死ぬ」とはどういうことなのかをテーマに、対話の場を設けます。皆様、ぜひ、ご参加下さい。 

主催:てつがくカフェ「医療とケアを問い直す」
共催:科研費「医療現象学の新たな構築」研究代表者:榊原哲也(東京大学)
問い合わせ先:konda328@gmail.com(コンダ)

チラシ画像
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。