04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

西村高宏(福井大学医学部) 近田真美子(福井医療大学/大阪大学大学院博士後期課程)

Author:西村高宏(福井大学医学部) 近田真美子(福井医療大学/大阪大学大学院博士後期課程)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

足跡

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次回のてつがくカフェ「医療とケアを問い直す」は東京で開催します!

てつがくカフェ「医療とケアを問い直す」

開催日:2017年 5月 21日(日)
テーマ:「死の恐怖って何だろう?」
時間:13時00分~15時30分
場所:首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 秋葉原ダイビル12階 B会議室
参加無料、事前申し込み不要
どなたでもご参加いただけます(途中退出も可能です)。
ファシリテータ:西村高宏(福井大学医学部 医学教育・倫理学教室)
ファシリテーション・グラフィック:近田真美子(福井医療大学 保健医療学部)
============
 私たちは、なぜ直接的に死を経験したことが無いにもかかわらず、「死」を〈怖い〉と感じてしまうのでしょうか。それは他者の死を通して、自分の命がこの世から永遠に消えてしまうと予測するからなのでしょうか。 
 一方、たとえ身体は消滅しても、魂は他者の中で生き続けるといった考えも存在します。そう考えると「死ぬ」ということは、それほど〈怖い〉ものではなくなるのでしょうか。また、そもそもここでいう「死ぬ」とはどういうことを指すのでしょうか。
 前回に引き続き、参加者の皆さんとともに「死」という事象について、深く考えてみたいと思います。
===========

0519「てつがくカフェ」チラシ画像
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。