09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

西村高宏(福井大学医学部) 近田真美子(福井医療大学/大阪大学大学院博士後期課程)

Author:西村高宏(福井大学医学部) 近田真美子(福井医療大学/大阪大学大学院博士後期課程)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

足跡

第2回目となる、てつがくカフェ「医療とケアを問い直す」を開催します!

第2回 てつがくカフェ「医療とケアを問い直す」
テーマ:「〈看取る〉とは何か?」

 わたしたちは、〈看取り〉と聞くと大切な人に囲まれ、見守られながら死んでいくことを想像します。しかし、医療技術の発展や社会構成の劇的な変化にともない、いまでは、〈看取り〉の場所が亡くなる人にとっての〈寛げる場所〉から〈無機質な病室〉へとシフトしつつあるように感じます。そこでは、〈看取り〉という営みが、看取る側にとっても看取られる側にとっても、ともに豊かな営みとしては機能してはいないかのようにすら感じます。どのように看取り、どのように看取られるのよいのか。このことは、現代の医療においては極めて重要な課題と言えます。
 今回は、前回の対話(「人間らしく死ぬとは」)から派生した「看取る」というキーワードを改めてテーマとして取り上げ、人間の死、人間らしい死の在り方について、さらに別の角度から捉えなおしてみたいと思います。 渡邊ゆうき(福井大学医学部医学科2年)

◆実施日:12月18日(土)
◆時間:13時00分~15時30分
◆場所:大学連携センター「Fスクエア」 福井駅東口を出てすぐアオッサ7階
   参加無料、事前申し込み不要.
   どなたでもご参加いただけます(途中退出も可能です)。
■ファシリテータ:西村高宏(福井大学医学部准教授)
■ファシリテーション・グラフィック:近田真美子(東北福祉大学健康科学部講師)

主催:てつがくカフェ「医療とケアを問い直す」(福井大学地域貢献事業)
共催:福井大学医学部教育支援センター
※問い合わせ先:tanishi@u-fukui.ac.jp(西村)

第2回 医療とケアを問い直す
スポンサーサイト