てつがくカフェ「医療とケアを問い直す」の開催が決まりました

2017.09.14 17:42|未分類
てつがくカフェ「医療とケアを問い直す」

◆テーマ:「人の痛みって、わかる?」
◆実施日:2017年10月9日(月・祝日)
◆時間:13時00分~15時30分
◆場所:首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス
  秋葉原ダイビル12階 B会議室   
◆参加無料、事前申し込み不要.
   どなたでもご参加いただけます(途中退出も可能です)。
◆ファシリテータ:西村高宏(福井大学医学部 医学教育・倫理学領域)
◆ファシリテーション・グラフィック:近田真美子(福井医療大学 保健医療学部)
*************************
(チラシ文より)
患者(ひと)の心と身体の痛みに寄り添う。」

医療従事者の間では、よくこういった類の言葉が飛び交っている。この言葉はある場面では患者を励まし、またある場面では詭弁を弄しているようにも聞こえてくることがある。一見この言葉は耳障りの良いものである。だが、そうだからこそ今一度、この言葉の意味を問い直してみたい。  
渡邉ゆうき(福井大学医学部医学科3年)
*************************
主催:てつがくカフェ「医療とケアを問い直す」
問い合わせ先:konda328@gmail.com(コンダ)

1009(東京)哲学カフェ医療とケアを問い直すチラシ画像
スポンサーサイト

てつがくカフェ「医療とケアを問い直す」の開催が決まりました

テーマ「人の痛みって、わかる?」

◆ 実施日:2017年9月10日(日)
◆ 時間:13時00分~15時30分
◆ 場所:大学連携センターFスクエア(福井駅東口アオッサ7階)  
参加無料、事前申し込み不要.
   どなたでもご参加いただけます(途中退出も可能です)。
ファシリテータ:西村高宏(福井大学医学部 医学教育・倫理学分野)
ファシリテーション・グラフィック:近田真美子(福井医療大学 保健医療学部)

「患者(ひと)の心と身体の痛みに寄り添う。」

医療従事者の間では、よくこういった類の言葉が飛び交う。
この言葉は、たしかにある場面では患者の心を励ましうるものなのかもしれない。
しかし、あらためてその言葉の指し示す意味を丁寧にたどり直そうとすると、逆にその言葉の空虚さに
気づかされ、まるで詭弁を弄しているかのようにも聞こえてくる。

そもそも、私たちは人の心の痛みを理解し、それに寄り添うことなどできるのであろうか。
一見この言葉は耳障りの良いものである。だが、それが意味するところはおもいのほか定かではない。
いま一度、この言葉の意味を粘り強く問い直してみたい。  

渡邉ゆうき(福井大学医学部医学科3年)

主催:てつがくカフェ「医療とケアを問い直す」(福井大学地域貢献事業)
共催:福井大学医学部附属教育支援センター,てつがくカフェ@ふくmedi
問い合わせ先:ニシムラ(tanishi@u-fukui.ac.jp)

910てつがくカフェ医療とケアを問い直す

次回の読書会「医療とケアを問い直す」のお知らせ

2017.07.24 14:51|読書会のお知らせ
読書会「医療とケアを問い直す」

■次回:平成29年9月30日(土) 13時30分~16時30分
■場所:京都イノダコーヒー三条支店 2階 ミーティングルーム
      京都市 中京区三条通堺町東入ル桝屋町69 
       電話:075-223-0171
■内容:鷲田清一(2007)「思考のエシックス―反・方法主義論」,ナカニシヤ出版.
            第2部 II 全体という擬制―<国家>の存在をめぐって―
               「6.掟」~「13.過程」の部分まで (予定)
■参加費:1000円(場所代)+飲食代(各自)
■先着15名 
   参加申し込み:コンダ(konda328@gmail.com) 
   ※席に限りがございますので、必ず事前の予約・申し込みをお願い致します。

当日、会場は13時30分より使用可能(飲食可能)になります。時間より早く到着された方
に関して、先に飲食される方は、1階の喫茶室をご利用下さい。



無題

読書会「医療とケアを問い直す」のお知らせです

2017.05.29 10:19|読書会のお知らせ
次回の読書会のお知らせです。

◆日時:2017年7月22日(土)13時30分~16時30分
◆取扱う本/鷲田清一(2007):思考のエシックス―反・方法主義論,ナカニシヤ出版.
    担当:募集中!(評者が決まりました
    担当部分/ 第2部 II 全体という擬制―<国家>の存在をめぐって―
◆場所:イノダコーヒー三条支店 ミーティングルーム
    京都市 中京区三条通堺町東入ル桝屋町69 電話:075-223-0171
◆先着15名
   参加申し込み:コンダ(konda328@gmail.com) 
   ※席に限りがございますので、必ず事前の予約・申し込みをお願い致します。
◆参加費:1000円(会場費)+ワンドリンク注文
         ※読書会の情報発信ならびに参加者間の情報交換の場としてMLを作成しています。
           登録をご希望の方は、コンダ(konda328@gmail.com)までご連絡下さい。

読書会チラシ

てつがくカフェ「医療とケアを問い直す」 福井での開催が決まりました!

◆ テーマ:「〈ケア〉って何?」
◆ 実施日:2017年6月11日(日)
◆ 時間:14時30分~17時00分
◆ 場所:大学連携センターFスクエア(福井駅東口アオッサ7階)  
   参加無料、事前申し込み不要.
   どなたでもご参加いただけます(途中退出も可能です)。

 〈ケア〉という営みは、医療従事者や家族がその対象者(患者)に対して行なうような、いわゆる医療福祉の現場に限定的なもののように捉えられがちです。しかも、それは〈ケアするもの〉から〈ケアされるもの〉へといった一方向的な関係性のようにイメージされがちです。
 しかし、そもそも〈ケア〉という営みは私たちの日常生活の随所で行なわれているものであり、ある意味において私たちの人間関係そのものの豊かさを下支えしてくれる営みとも言えます。もしかすると、〈ケア〉の本質はまさにそういったところにこそ潜んでいるようにすら思います。〈ケア〉の本質をいま一度根本的に問い直すことは、医療従事者に限らず、ケアに携わる私たちすべてにとって大変意味のある作業のように思われます。みなさま、是非ご参加ください。 
             渡邉ゆうき(福井大学医学部医学科3年)

◆ファシリテータ:西村高宏(福井大学医学部 医学教育・倫理学分野)
◆ファシリテーション・グラフィック:近田真美子(福井医療大学 保健医療学部)
◆主催:てつがくカフェ「医療とケアを問い直す」(福井大学地域貢献事業)
◆共催:福井大学医学部附属教育支援センター,てつがくカフェ@ふくmedi
◆問い合わせ先:ニシムラ(tanishi@u-fukui.ac.jp)

0611てつがくカフェ医療とケアを問い直す(チラシ)